消化管内視鏡(胃カメラ・大腸内視鏡)検査・手術はお気軽にご相談ください。豊明市・日進市・東郷町からのアクセスも便利です!
052-876-1300
交通アクセス
スタッフ募集
052-876-1300
肛門の病気の種類
痔核(イボ痔)
裂肛(キレ痔)
痔瘻(アナ痔)
痔核(イボ痔)
毎日の力みなどにより、肛門に負担が掛かり、肛門を閉じる為にある血管豊富な組織の静脈がこぶ状に膨らんだものが痔核です。痛みを感じない肛門の奥側に出来るものが内痔核、痛みを感じる肛門の外側に出来たものが外痔核です。
外痔核には一時的な血流障害によって起きる血栓性外痔核というものもあります。

内痔核

外痔核

血栓性外痔核

裂肛(キレ痔)
肛門が固い便などによって押し広げられた事によって肛門の粘膜が裂けた状態のものが裂肛です。
裂肛が繰り返し起きている慢性裂肛と一過性の急性裂肛があります。
急性裂肛もきちんと治療しないと慢性裂肛に移行します。慢性裂肛は繰り返されるうちに肛門が狭なり裂けやすくなる悪循環を起こします。
また裂肛を繰り返すとその外側の粘膜や皮膚がたるみ(皮垂)が出来ます。

裂肛

痔瘻(アナ痔)
肛門内にあるくぼみから細菌が肛門の横に入り込んで膿みの溜まりが出来ます。これが肛門周囲膿瘍です。肛門周囲膿瘍は強い痛みや発熱を伴います。
肛門周囲膿瘍の治療は局所麻酔で腫れた皮膚を切り膿を外に出します。または膿の圧力で自然に皮膚に穴があき、膿が外に出る事もあります。その後に出来た肛門内と皮膚の間のトンネルの事を痔瘻といいます。

膿の溜まり

痔瘻

症状から考えられる疾患
肛門の痛み
腫れのあるもの
  • 痔核脱肛(内痔核が肛門外に脱出したもの)
  • 嵌頓痔核(脱肛が戻らなくなった状態)
  • 血栓性外痔核
    (外痔核内に血液の固まりが出来て腫れたもの)
  • 肛門周囲膿瘍(肛門の周囲に膿がたまったもの)
  • 感染性粉瘤(良性の皮下腫瘍が感染したもの)
腫れの無いもの
  • 裂肛(肛門の粘膜が裂けたもの)
  • 深部の肛門周囲膿瘍
    (肛門の皮膚から離れた部位の膿みの溜まり)
  • 肛門陰窩炎(肛門のくぼみの炎症)
  • 肛門がん
肛門もしくは
周囲の出っ張り
  • 外痔核(肛門の外側の痔核)
  • 肛門皮垂(キレ痔などにより肛門皮膚が伸びたもの)
  • 尖圭コンジローマ(性行為などでうつる感染症)
  • 肛門部腫瘍
肛門のかゆみ
  • 肛門周囲皮膚炎(肛門周囲の皮膚の荒れた状態)
  • 肛門真菌症(肛門周囲のカビの感染)
肛門からの出血
黒い便(タール便)
胃・十二指腸などの上部消化管からの出血が疑われる。
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 急性胃粘膜病変など
暗赤色~赤色の出血
小腸や大腸からの出血が疑われる。
  • 大腸癌
  • 結腸憩室出血
  • 大腸炎
  • 虚血性腸炎
  • 炎症性腸疾患
  • 大腸潰瘍など
鮮やかな赤色の出血
直腸などの肛門に近い腸や肛門からの出血が疑われる。
  • 直腸がん
  • 直腸ポリープ
  • 直腸潰瘍
  • 虚血性腸炎
  • 炎症性腸疾患
  • 内痔核
  • 肛門の奥にできた裂肛など
拭いた紙に血液が付く
肛門の疾患による出血が疑われる。
  • 内痔核
  • 裂肛
  • 肛門周囲皮膚炎など
これらの疾患はあくまでも疑われる疾患です。
大腸-肛門はつながった臓器です。自己判断で放置せず必ず大腸肛門病専門医の診断を受けましょう。
当院で行う肛門疾患の治療
(すべて日帰りの手術です)
内痔核
痔核結紮術
内痔核の根元に医療用の輪ゴムをかけて痔核の血流を減らして縮小、消退させる治療法です。
痔核硬化療法・ジオン(ALTA)
痔核の切らない新しい治療法です。
ジオン注 受講証
外痔核
外痔核切除術
局所麻酔で外痔核の切除を行います。
肛門周囲膿痬
切開排膿術
局所麻酔で肛門の周囲皮膚を切開し、溜まった膿を排出します。
裂肛
裂肛開放術
慢性裂肛に対して、裂肛の傷を外側に拡げて傷を治りやすくします。
痔瘻
Seton法
痔瘻の瘻管に輪ゴムを通し、時間をかけて瘻管を開放し痔瘻を治します。
肛門皮垂
皮垂切除術
局所麻酔で皮垂を切除します。
肛門ポリープ
肛門ポリープ切除術
局所麻酔下で肛門ポリープを切除します。
尖圭コンジローマ
コンジローマ切除術
局所麻酔下でコンジローマを切除します。
この術式は一例であり、疾患や病状により適した手術を選択しています。
page top
診療科目 内科、胃腸内科、外科、肛門外科、乳腺外科、
リハビリテーション科(リハビリ科)
〒458-0818 名古屋市緑区鳴海町大清水69-11
女性医師による、乳腺・胃腸・肛門疾患の診療も受けられます。
休診日は水曜日午後、土曜日午後、日曜日、祝祭日です。
診療は、予約制ではありません。お待たせする場合もございますので、お時間の余裕をもってご来院ください。
院長・副院長がそれぞれ担当する診療時間は、診療のご案内ページをご覧ください。
LINK