消化管内視鏡(胃カメラ・大腸内視鏡)検査・手術はお気軽にご相談ください。豊明市・日進市・東郷町からのアクセスも便利です!
052-876-1300
交通アクセス
スタッフ募集
052-876-1300
ヘリコバクター・ピロリ(以下ピロリ菌)は胃に感染する事でさまざまな病気を引き起こすと近年マスメディアでもよく取り上げられています。主な感染源は井戸水などの不衛生な水であると言われ、上水道が整備されていなかった頃に飲料水から感染したと言われています。
ピロリ菌は胃内の強い酸から身を守るためにウレアーゼと言う酵素を用いてアンモニアを産生しています。また胃の粘膜に悪影響を及ぼすタンパクや毒素を産生し、正常な胃粘膜細胞を障害し胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃ガンを引き起こす事がわかっています。そのため胃内にピロリ菌が確認されたら除菌をするべきであると専門家らがピロリ菌の除菌を推奨しています。
我が国は他の国に比べて、40歳以上の方のピロリ菌感染率が高く、60歳以上の方では60~70%が感染しているとの報告もあります。
現在、胃炎、胃・十二指腸潰瘍のある方や早期胃ガンの内視鏡治療後、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病の方は健康保険でピロリ菌の検査や治療が受けられます。
当院でもピロリ菌の除菌をして胃・十二指腸潰瘍が再発しなくなった。ピロリ菌を除菌してから常用していた胃薬が必要なくなった。胃がすっきりして食欲が増した。などのピロリ菌除菌療法の著効例を多く経験しています。
また近年除菌に用いられる抗生物質に対する耐性菌が増えて除菌率が低下していると言われています。その除菌率を上げるために様々な補助療法が提唱されています。当院では有効性が確認された補助療法を積極的に取り入れ除菌率の向上を目指しております。
ピロリ菌が心配だけれどどうしたら良いのか、ピロリ菌に関してご不安を抱かれている方のお役に立てればと思い、このページを作成しました。
以下はピロリ菌の検査・治療の流れです。
胃の症状がなく胃カメラを行う必要はないが、ピロリ菌の検査は受けたいという方は、
採血によるピロリ菌抗体検査6,480円(税込)も行っています。
当院では積極的にピロリ菌の
検査・除菌に取り組んでいます
開院以来、常に新しい情報を入手し除菌を受けられる方に最善の除菌薬の選択や除菌におけるアドバイスを行ってきました。
ヘリコバクターピロリ除菌薬投与数1056件(開院〜2016年12月まで)と多くの方が当院で除菌薬の投与を受けられました。
開院からピロリ菌一次除菌実施件数
2009年~2016年までの除菌成功率
一次除菌成功率:77.5%
二次除菌成功率:95.8%
2016年1~12月の除菌成功率
一次除菌成功率:92.6%
二次除菌成功率:92.3%
一次除菌療法における
薬剤選択による除菌率の差
除菌薬A:67.8%(211例使用) 除菌薬B:65.3%(75例使用)
除菌薬C:76.2%(252例使用) 除菌薬D:92.2%(269例使用)
※上記件数は除菌の成功不成功が確認できた患者様の数です。
除菌の確認をまだ行われていない方は是非確認にご来院ください。
当院では、今後もデータを元にしてより除菌率の高い除菌療法を提供していきます。
page top
診療科目 内科、胃腸内科、外科、肛門外科、乳腺外科、
リハビリテーション科(リハビリ科)
〒458-0818 名古屋市緑区鳴海町大清水69-11
女性医師による、乳腺・胃腸・肛門疾患の診療も受けられます。
休診日は水曜日午後、土曜日午後、日曜日、祝祭日です。
診療は、予約制ではありません。お待たせする場合もございますので、お時間の余裕をもってご来院ください。
院長・副院長がそれぞれ担当する診療時間は、診療のご案内ページをご覧ください。
LINK